体重が減らないのは停滞期だから

ダイエットを始めると、最初は順調に体重が落ちていくことがわかるのですが、ある時期になると体重の減少が止まってしまうことがあります。
そんな経験をしたことがある方はたくさんいらっしゃることでしょう。
これは、一般的にダイエットの停滞期と考えられています。

 

この停滞期と言うのはどれくらいで始まるのかははっきりとは断言できませんが、おおよそ1ヶ月程度停滞期はいることが多いようです。
また体重の5%が減少した頃にいったん停滞期になるのだそうです。
ですから、もともとの体重やダイエットの方法によってもいつ頃から停滞期になるのかは決まってはいません。

 

ダイエットを始めたら日ごろからマメに体重を量っておいてもとの体重から5%程度減ってきたらそろそろ停滞期に入って、これからはしばらくは体重は減らないと考えてください。
停滞期にはいたっからといって、もっと体重を減らしたいと考えてさらに運動量を増やしたり、食事制限をしたりするようなことをする必要はありません。
今まで通りのダイエットのやり方で続けていってかまいません。

 

そもそもダイエットをしているとどうして停滞期と言うことがおきるのでしょうか?
これは人間の生命を維持するために必要な防御反応なんだそうです。
食事制限などのダイエットをして体重が減少してくると、人間は自分の生命を維持するために少ないエネルギーで活動をできるように体が反応していきます。
ですから、今までと同じ量を食べていてもエネルギーの消費量が抑えられてしまうのでなかなか体重が減らなくなるという現象がおきるというわけなのです。

 

停滞期はしばらく続きますが、やがて時期が来ればまた体重が少しずつ減るようになり最終的には自分の目標体重まで落とすことが可能です。
ですからこの時期にもしっかりとダイエットを継続してください。
決して諦めたりダイエットを途中で中断したりしてはいけませんよ。

 

関連ページ

健康的な食生活で痩せましょう
ダイエットの基本は健康的な食事をして痩せることです。これを守ってリバウンドをせずにいつまで理想的なプロポーションを保つことができるようになるでしょう。
モチベーションを維持する
ダイエットを長く続けて成功させるためには、モチベーションを維持することが鍵になると言っても過言ではないでしょう。ではどうすれば長くモチベーションを保ち続けることができるのでしょうか。
リバウンドの原因を知る
ダイエットでのリバウンドを防ぐためには、その原因をきちんと理解して正しいダイエットをしっかりと行っていくことなのです。